ブラジル、サンパウロが生んだスーパースターことMARKY。20年以上に渡るそのキャリアは全てにおいても群を抜く才能の持ち主。ドラムンベース界の老舗レーベルV RECORDINGのBRYAN Gに見初められUKでの公演に招待された事をきっかけに世界トップスターへと躍り出る。2000年、英国BBC RADIO 1にてブラジルを代表するアーティストとして出演をしたことをきっかけにUKの有名音楽誌ERICSSIN MUSIK AWARDではベストアーティスト賞にノミネートされ、立て続けにMINISTRY MAGAZINEでは世界トップ10アーティストにノミネート。MARKYを一躍世界のトップへ送り出した。2001年には老舗ドラムンベース誌KNOWLEDGEでBEST INTERNATIONAL ACTに選ばれその実力を不動のものとした。 2002年にはミックスアルバム"THE BRAZILIAN JOB"をリリースし、記録的なミックスアルバムのセールスを成し遂げた。そしてTHE BRAZILIAN JOBのワールドツアーでは世界にその実力を知らしめる結果となった。また ブラジルを代表するプロデューサーXRSとタッグを組みシングルリリース "LK"を発表。ブラジルはもちろん、イギリスのTOPチャートにもランクインを果たし、世界的ヒットを記録した。 自身のレーベルINNERGROUNDからはドラムンベース界の人気アーティスト、TOTAL SCIENCE、CALIBRE、LOGISTICなどのリリースを精力的に行い、A&Rとしても才能を発揮し、世界のトップレーベルに君臨している。現在ロンドン、パリ、東京、サンパウロにてレジデントを務め、世界各地からのオファーが絶えないMARKY。 多忙スケジュールの中、制作活動も盛んに行い多くのコンピレーションに作品を提供している。世界のトップアーティストにヘビープレイされている。 南米最大の音楽フェスティバルSKOLBEATSにては過去9年間ヘッドラインを務めている。 多くのコンピレーションに作品を提供し、世界のトップアーティストにヘビープレイされている。最も尊敬されるアーティストと称されるようになった。 現在100枚を超えるリリースを行い、世代を超えて愛されるそのスタイル、感性は止まるところを知らない。最新のリミックスではEVERYTHING BUT THE GIRL 、CLAUDE VON STROKE、FATBOY SLIM等を手がけるなか、自身のVINYLやコンピレーションのリリースも控え、シーンを独走する世界屈指のトップランナーである。

DJ TOYO

大阪CLUB CIRCUSを中心に活動。DRUM&BASSを軸にスペーシーで無機質、果てしなく広がる上モノで無重力空間へといざなう。UK滞在帰国後DRUM&BASSクルー[BLACK BEATZ BOX]を牽引し各ジャンルの国内外のTOP  DJ達を招聘、競演を重ねる。国内外のFESTIVAL等にも数多く参加。ジャンルレスに支持されている数少ない日本有数のDRUM&BASS DJである。

MC AOI (MOST MCS)

10代の頃、MIXTURE SOUNDに触発され、BANDを結成、voを担当。後にDNBと出会いMCへシフト。高速なリリック、DNBを知り尽くした現場型MCとしてオーディエンスを沸かし、その実力を評価され、渚音楽祭、THE STAR FESTIVALkaikooo.など西日本のDrum&BassPARTYに軒並みに参加、2012年からはMOSTMCSとしても活動をスタート、これまでにレコード、MOSTEP1.2.3をリリース。

MOSTMCS HP   http://mostwanted-jpn.com

90年代はベーシストとして活動し、関東にてクラブミュージック激動期をリアルタイムに体験。帰郷後は、ドラムンベース不毛の地であった高知を西の一大拠点となるまで押し上げ、数々のビッグパーティーの仕掛け人として知られている。ドラムンベースを中心に最先端の音を取り入れつつフロアをビルドアップする展開重視のDJスタイルは、オーソドックスながらも国内外のトップDJから評価を得ている。

MOTZU

SUNEO

土佐が誇るNo1オーガナイザー&DJ。高知に帰郷するやいなやその人々を引きつけるカリスマ性を遺憾無く発揮し、自身のCREW[ONE SET]の「TIGER NIGHT」や、自らが主催の「Havanero」「MUSIQ LOVERS」「GROOVE COLLECTIVE」等、モンスターイベントを次々と打ち出し、高知のパーティーピープル達から絶大な人気を獲得。ヒップホップ・バックグラウンドを軸にブラック、ダンス、グルーヴの深化を追及している。

90年代東京のクラブシーン黄金期から活動を続け、ヒップホップ、ドラムンベース、ブロークンビーツなど一貫して「黒い」グルーヴを追求して来た。新旧を巧みに織り交ぜるシュアーな選曲で、音楽性にこだわるパーティーではまず名前の挙がる本格派DJである。

TOMOHARU

DJ/producer。高知を拠点に大阪、広島、福岡、松山などでプレイ経験を積む。Drum & Bassを軸としつつ、進化を続けるBass Musicの潮流を意識した選曲で知られる。2013年9月にフリーEP『Unknown Feelings』をリリース、その楽曲は人気オンライン・ラジオステーション「Bassdrive」「Block FM」でオンエアされた。→ http://asakuradnb.com/

HIGASHIKAWA

Rism a.k.a @ki MC兼DJ兼Track maker。Cream junkyのMCとして、18歳の時に本格的に活動を始め、すぐに様々なイベントに出演するようになる。そして、22歳の時にLife lineを結成しスタート。それと同時期にDJとしても活動を開始し、Hip hopをベースとしながらも多様な選曲で、様々なイベントに出演するようになる。一方ではTrack makerとしても音源作成に力を入れ、鬼才:吉岡たくの元で作曲についても学ぶ。 24歳の時に単身NYに渡り本場でのDJでNYの空気感や音楽性に直に触れる。 帰国してからは更に活動の幅を広げ、現在はCream junky,Life line,そして個人の活動にも更に力を入れている。

RISM

OLD SCHOOL & MIDDLE SCHOOL D'N'Bを中心に常に間違いないプレイで年代問わず高い支持を集める孤高のDJとして活躍。技術に依存しない現場で磨き上げられたアナログ中心の選曲で一つ一つが意味を持つ聴きごたえのあるロフトスタイルが持ち味。

TAOKA

・遅れてきた新人・Horizonオーガナイザー HOUSE,TECHNO,DISCO,JAZZ,JAZZ-FUNK...etc

HORIZON

DJ YO*Cを師匠とし、東京・神奈川にて活動開始した96年より一貫してTechno/House/Trance/Hardcoreといった、 四つ打ちであればジャンルレス縦横無尽のHappyかつFunkyなDJを続けて17年。03~06年「FUNKYCARGO!」07年~「Scouse!TOKYO」などのパーティのオーガナイズやレジデント・ゲストプレイ。都内クラブほか大阪、宇都宮、新潟、大阪、広島遠征や、学園祭、レイヴなどでの出演。08年高知にUターン。現在は90'sHappyTechno Party「X-TRAIN」@中野heavysickzero、高知にて「MarbleBox」@BEATをオーガナイズ。

KITA

(SssELF/安直) from 香川

香川のアニクラ「SssELF」オーガナイザ&VJ アニソンからハウス、テクノ、ハードコアまで4つ打ちなら何でもこなす。これまでに様々なアーティストのサポートアクトを経験し四国サブカル系VJの最先鋒としてシーンを斜め上に牽引している。ガチな中にもネタを混ぜるのが大好き。カットインを多用した刻むプレイを得意とし、フロアに彩りを添える。サブカル系のイベントに限らずディスコ、ハウス、テクノ、サイケ、ハードコア、EDMなどのパーティーに出演しながらインディーズ、商業問わず映像製作も手がけている。

VJ NOVU

「龍太」ポスカを使い機械的な絵を描く。2014年4月にDJ TEKINA//SOMETHINGの1stアルバムに絵が使われる。アルバムは発売当初Amazonのダンス・エレクトロ部門で1位にもなり多くの人に絵が認知される。アニメが好きでアニソンRemix系DJとしても活動している。

RYUTA

SCENEのDJ兼オーガナイザーである。ライブハウスでもDJ活動を行っており、アニソンやロックなどをPLAYするというクラブとは違う一面も持っている。また、フラッシーなルックスとは裏腹にDEEPな選曲で周囲からの期待も熱く、今後のシーンを担っていく存在である。

NINA

Original APPAREL Brand 『MYSTERY CIRCLE』主宰 Request Event『JUKEVOXXX』&Super All Genre Event『楽宴』Organizerジャンルレス&ボーダーレスな音楽好きとにかく楽しむことを信念に近年積極的に活動中!

SJ

【所属】SCENE

【ジャンル】breaks,HOUSE,DISCO 

fashion..creative..music..の融合をコンセプトとしたパーティー『SCENE』のオーガナイザー。県内外、様々なDJと共演してきたYUKEのPLAYは、breaks、HOUSEを中心とした選曲でエフェクトを駆使し、オリジナリティ溢れるPLAYで、フロアを自分色に染めていく。またGETのDJ Matsuを父に持ち、その影響で70〜80年代DISCOを好み、ときに普段とは違うDISCO DJとしての顔ももっている。

YUKE

2009年よりDJとして始動する。D"N"Bを好む。高知唯一無二のd"n"b party"SPAZM"を軸に、DJBAKU、KIREEKといった日本最重要人物達との共演を果たしキャリアを積む。2013年に高松で開催された”SETO4 FESTIVAL"ではpsycheな一面も見せる。2014年、自身主宰のPARTY"a"-アルファ-を始動させ、新世代の礎を築こうと奮闘中である。

TSUTSUI

2009年よDJ活動開始。かつてLIMIT、PEACEのメンバーとして数々のパーティに出演し、フロアを沸かせてきた実力派。2012年現場での活動を休止後も、HouseMusicはもちろん、funk、hiphop、breakbeets、dubstepなど様々なジャンルの音楽を探求し、現在に至るまで自身のスキルを磨く為の努力をしてきた。そして2014年、自身3年振りとなる主催イベントHEITERERを立ち上げ、現場での活動を再開。様々なジャンルに幅を広げ、それらを強弱巧みに操る彼のプレイは必見!

CLAUTI